防ダニカバーでアレルギー対策を

on 2013年10月23日 by

アレルギー症状を引き起こすアレルゲン物質の中でも、特に厄介なのがダニです。なぜダニが厄介なのかというと、目に見えないという事と、毎日の休息に欠かせない寝具に大量にひそんでいるという事です。ダニはライフサイクルが早いため、死骸がどんどん布団の中に蓄積してしまいます。

しかし、目に見えないので危機感がないこと、天候が不安定な日が増えたので外に干す機会が減ってきたことなどで、十分な掃除が出来ずにダニが好む環境を作ってしまっているのです。放置しておくと事態は悪化するだけなのですが、駆除をするには干すだけ、掃除機を充てるだけでは難しく、内部から洗浄をしなくてはいけません。

これらの手間を解消するには、防ダニカバーを利用するのが一番良いとされています。防ダニカバーを付けることで、ダニが内部に侵入することが出来なくなり、簡単な掃除でも繁殖しづらい環境になります。通常のカバーに比べると、内部のダニの量は1,000分の1まで減ると言われていますので、かなりメリットが大きいと言えるでしょう。

しかし、万能とも思える防ダニカバーも表面の汚れだけはどうしようもありません。表面に掃除機を充てたり、換気を十分に行うなどの対策をすることで真価を発揮できますので、こまめな清掃を心掛けましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>